なぜ、社員は離職するのか?

小さな会社だろうが、
大きな会社だろうが、
私たちは50年くらい働きます。

大卒なら70歳まで48年。
20歳から70歳までなら50年になります。

ちなみに私は、cc2c8a9bf6d572611cb15141a4ffc27e_s
80歳までは働きたいので、
60年の労働期間が予定されています。(笑)
誰もが一度は離職を考えるでしょう!

 

21世紀。
50年を越える働く人生において、
転職を考えない人はきっと一人もいないでしょう。
そして、少子高齢化が進む日本においては、
労働者不足という社会問題はますます大きくなる一方です。

特に、
中小、零細企業にとって、
人材確保は大きなテーマとなって続くことが予想されます。

       
社員が離職して幸せになるのか?
経営者や上司との人間関係を理由として離職する場合。
本当の意味で、
転職して成功する人は多くはありません。

 

なぜならば、
どんな会社に行っても上司が存在するからです。

 

そこで離職は、
それを選択する彼らを必ず幸せにするとは限らないので、
経営者の社員に対する姿勢が大切になるのです。
なぜ、社員は離職を考えるのか?

「社員が会社を辞める理由」の上位ランキングです。
1位 上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
2位 労働時間や仕事の環境に不満がある 
3位 同僚や先輩、後輩との関係がうまくいかない

このとおり、
社員が会社を辞める大きな理由の一つが「人間関係」です。
私の知る限り30年前から変わっていません。
30年前とは、
私が会社員をやっていた頃からです。

さらに、
人間関係の中でも「上司との関係」が大きな課題です。
さじを投げるような意見ですが、
人間関係に関して、すぐに解決することはほぼ不可能です。

 

どれくらい社員に期待するのか?

あるコンサルティングの現場で、
成長を続ける社長さんたちと、
「社員にどの程度期待するのか?」を議論しました。

すると、
「自分と比べて50%!」
「経営者と同じだけやって欲しい・・・」
など、
その意見は様々でした。

しかし、
現実はどれくらい社員に期待すればいいのでしょうか?
上司の仕事は、
部下に成果を上げさせることです。

社員たちはそれぞれ、
真剣に仕事をしています。
しかし、
そんな社員たちを私たち経営者・上司は、
叱ったり、怒ったりします。

「叱る」、「怒る」。3daab7f3075f773f88fc1c56fd689028_s
その理由は何か?

それは、
あなたの期待通りにならなかったからです。

期待通りにならない以外で、
叱ったり、怒ったりすることは、
ほとんどありません。

そこで、
先ほどの「社員にどの程度期待するのか?」という答えです。

それは、
あなたが期待する半分が出来て満点の社員ということです。
例えば、
あなたがご自身に比べて60点の仕事をして欲しいと、
ある社員に期待するとします。
すると、
その社員が30点の仕事をしたら100点と捉えることなのです。

あなたが期待する半分の仕事を社員が達成したら、
それは100点満点の人材なのです。
部下のマネジメントとは?

そして大切なことは、
全ての社員をマネジメントが出来るように育てることです。

マネジメントとは、
組織全体の成果に責任を持てるようになることです。

全体の成果に責任を負うという、
マネジメントという意識が欠けていれば、
社員はどんな会社で仕事をしても、
自分自身を肯定できなくなってしまいます。

そうです。
社員がある会社を離職し、
違う会社に転職しても、
マネジメントの意識が持てなければ、
満足は得られないし、
幸せにはなれないでしょう。

離職・転職をすれば、
人生が好転するというわけではありません。

それよりも社員一人ひとりが、
「会社全体に、どのように貢献ができるのか?」
「会社全体から、何を求められているのか?」
この2つの質問に明確に答えられるように、社員を育てることが重要なのです。

全ての社員がマネジメントを出来るように育てるには、
知恵と時間が必要です。
根気強く取り組む必要があります。

それが経営者、
そして、
人を雇用する者の責任の一つです。